歯の痛みなど
お急ぎの方はこちら

- ご予約優先 -

- 受付時間 -

午前9:30-13:00
午後14:30-19:00
※最終受付:18:30
※水曜17:00まで
※休診日:
   木曜・日曜・祝日
ネットから
診療ご予約

教えます!なぜ高い?矯正治療の費用内訳

2021.11.29 (最終更新日:2021.11.29)

矯正治療の費用は高額なイメージがあるのではないでしょうか?
しかし最近では激安治療費の広告なども見かけたりします。
一体どのくらいが妥当な費用なのか・・・?

 

矯正治療の費用はと言うと結論としてはおよそ100万円〜かかります。
なぜこんなに高額になるのか
今回は矯正治療の費用について、当院の治療費を参考に詳しく解説いたしま

1 矯正治療の費用の設定

矯正治療の費用は、保険診療ではなく自由診療です。つまり全額自己負担です。
(先天的な異常による不成咬合や障害が生じるほどの噛み合わせ外科的治療が必要な場合は医療保険対象となる場合があります。)

 

自由診療のため費用は各医院の設定により異なります。
矯正治療は専門の知識と技術が必要です。
またここ最近はマウスピース矯正など新しい治療法がどんどんと出て、すごいスピードで進化しています。

セファロ分析(骨格分析するレントゲン)を撮影する機器、アイテロ(デジタルスキャンニングが出来る最新の最先端機器)の高額な設備の導入や日々時間とお金をかけて新しい情報、などを勉強している矯正専門医とそうでない矯正医との治療費が異なるのは当然の理由になります。

アイテロ

費用の安さだけで選んでしまうと

矯正治療が失敗してしまうなどトラブルを起こしかねません。

しっかりと治療費と効果が伴っている医院を自分で選ぶ事が大切なのです

 

2 矯正費用の内訳

では、矯正治療の費用の内訳とは

・カウンセリング(矯正治療相談料)
・矯正基本検査料
・矯正診断料
・矯正装置の費用
・矯正装置の調整料
・保定装置治療

カウンセリング

当院ではカウンセリングのお費用はいただいておりません。
カウンセリングでは時間や費用や装置の取り扱いなど不安や疑問に全てお答えしております。

 

基本検査

基本検査ではレントゲン(パノラマやセファロ)、スライド写真(口腔内写真)スキャンニングでの基本検査を行い矯正後のビフォーアフターなどをみてもらう事ができます。

 

矯正診断

基本検査での資料をもとにさらに必要な検査を加えていきます。結果を専門的に分析し、どのような装置でどの位置に歯を移動させるかなど細かく診断していきます。インビザラインではクリンチェックをしていきます。

 

矯正装置

当医院での矯正装置の費用は、ブラケット矯正(ワイヤー矯正)インビザライン矯正(マウスピース矯正)ともに同額になります。症例(歯並び)によっては、他に必要な装置、処置、器具が追加になる場合があります。

 

矯正装置の調整料

1ヵ月に1回から23ヶ月に1回の割合で矯正装置の調整を行います。当医院では、来院時に毎回、調整費用をいただいております。調整の頻度は症例によって異なります。

 

保定装置料

矯正治療が終了したら、歯の後戻りを防ぐために保定装置を入れなければなりません。保定装置の費用が必要になります。

3 子供の矯正費用

4 大人の矯正費用

後からの追加料金が発生する場合もありますのであらかじめ確認しておきましょう。

5 矯正治療の支払い方

矯正治療費は高額なため、多くの医院でも支払い方法を相談する事ができます。

負担なくライフスタイルに合わせた支払い方法を選んでもらうことができます。

 

・一括払い (現金・銀行振込・カード)

・分割支払い(院内分割)

・デンタルローン

一括払い

一括払いでは、現金や銀行振込等で支払いが可能です。クレジットカードはカードの機能により
2回払やボーナス払いなどを選んでもらうことができたりします。ご自身のカードの機能をご確認してください。

 

分割払い(院内分割)

医院によっては院内分割ができる場合もあります。支払い回数や支払い金額を相談して決め、金利を医院が負担してくれるシステムです。導入している医院とそうでない医院がありますので、あらかじめ確認しておく事が必要です。

 

デンタルローン

ほとんどの矯正歯科医院ではデンタルローンシステムを導入していると思います。(事前確認をしてください)

 

デンタルローンは金利が付きますが、ライフスタイルに合わせて支払い回数を選べますので、負担なく始められ、ほとんどの患者様はこのデンタルローンを使用されています。デンタルローンの金利は信販会社により異なります。

https://www.aplus.co.jp/business/service/shopping/medical/

6 矯正治療の医療費控除

矯正治療は医療費控除が受けられます。(ただし審美目的の矯正治療は対象外となることもあります)

矯正治療は医療費控除が受けられます。(ただし審美目的の矯正治療は対象外となることもあります)

医療費控除とは世帯で1年間に支払われた医療費が税込10万円以上を超えると、確定申告で一部が還付されるシステムです。高額な治療費ですのでぜひ医療費控除の申請をしてください

7 費用も技術も両方安心して受けられるのがアスヒカル歯科で

費用も技術も両方安心して受けられるのがアスヒカル歯科です。
アスヒカル歯科では、高度な技術や知識を持った矯正歯科認定医が治療を行います。
最新最先端の設備が完備されており、専属のカウンセラーが治療終了までサポートいたします。
安心して矯正治療したいと考えている方は、是非アスヒカル歯科にご相談ください。

 

 

 

コメント