歯の痛みなど
お急ぎの方はこちら

- ご予約優先 -

- 受付時間 -

午前9:30-13:00
午後14:30-19:00
※最終受付:18:30
※水曜17:00まで
※休診日:
   木曜・日曜・祝日
ネットから
診療ご予約

臭いがするのは危険!根管治療で臭いがするときの対応を専門医が解説

2021.02.22 (最終更新日:2021.02.22)
Image-nioi8

根管治療中の口の中でイヤな臭いがして困ってませんか?

それは歯医者特有の臭いや、腐敗臭のような臭いではありませんか?

 たとえ今歯医者で根管治療を受けている最中でも、前に根管治療が終了していて痛みがなくても口の中で臭いがするのを放置してはいけません。

なぜ放置してはいけないかというと、歯の中から臭いがするのと同時に歯の中に細菌が入り、いつまでも歯の中が感染し続けるからです。

また、膿の臭いがしている場合、根っこの先で炎症が起こり痛みが出たり、根っこの周りの顎の骨を溶かし最悪の場合、抜歯となるからです。

ですので、今すぐ歯医者に行き治療を受ける必要があります。

この記事では根管治療を受け、口の中でするイヤな臭いについて、臭いがする原因、臭いがした時の対応、などを根管治療専門医が絵や表などを使いわかりやすく説明していきます。

1 口の中で臭いがする原因

Image-nioi

根管治療を受けて、口の中で臭いがする理由には2つの原因があります。

それは

・仮蓋が欠けて歯の根っこに入れたお薬が漏れている

・歯茎に腫れができ、そこから排膿している

2つです。

それぞれを説明していきます。

1-1 仮蓋が欠けて、お薬がもれている

Image-nii1

一つ目は「お薬の臭い」です。

根管治療は通常2〜3回治療回数がかかります。
感根流れ
上の表の①から③を2〜3回かけて治療を行いますが、治療期間中はお薬(消毒薬)を入れて仮蓋をする歯科医院が多いです。

その仮蓋が欠けたり、取れたりすると中のお薬が口の中に漏れて臭いがします。

「FC」や「ペリオドン」といいホルマリン系のお薬でみなさんがイメージする歯医者特有の臭いです。

1-2 歯茎に腫れができていてそこから排膿している

Image-nioi2

二つ目は「膿の臭い」です。

深い虫歯や、以前根管治療を受けたが細菌が歯の根っこの中に残っていると、細菌がどんどん歯の中で増え、やがて根っこの先で膿の袋ができます。

膿が増え続けると、逃げ道を作り歯茎から排膿が起こり、口の中で臭いがするのです。

2 臭いがする時の対応

口の中で臭いがする時は、今すぐに歯医者に行きましょう!

「お薬の臭い」でも「膿の臭い」でもすぐに対応してもらう必要があります。

2-1 仮蓋が欠けて薬がもれている:新しい仮蓋に変えてもらう

Image-nioi3
根管治療期間中の薬は歯の中で仮蓋で密封します。

しかしながら、何らかに理由で仮蓋が欠けたりし隙間ができてくると、そこからお薬が漏れ出しイヤな臭いがします。

仮蓋が欠けたら、すぐに歯医者に行き、新しい仮蓋に変えてもらいましょう。

また、仮蓋の耐久性は2週間とされています。

なので、どんなに忙しくても2週間以内に歯医者に行きましょう!

2-2 歯茎に腫れができて膿が出ている:根管治療を受ける

Image-nioi4

歯の根っこの中に細菌がいると、細菌がどんどん歯の中で増え、やがて根っこの先で膿の袋ができます。

膿が増え続けると、逃げ道を作り歯茎から排膿が起こり、口の中で臭いがします。

原因が根っこの中の細菌ですので、「根管治療」が必要です。

細菌がいなくなれば膿の袋はなくなり腫れはひき、臭いもしなくなります。

ですので、口の中で「膿の臭い」がする時はすぐに歯医者に行き、根管治療を受けましょう!

3 放置してはいけない理由

口の中で臭いがしている時は今すぐ歯医者に行き治療を受けましょう!

放置しても自然に治ることは決してありません!
・仮蓋が欠けて薬がもれている場合
Image-nioi5

仮蓋が欠けている場合、歯の中に入れた薬が漏れて臭いがするのと同時に歯の中に細菌が入り、いつまでも歯の中が感染し続けることになります。

この状態を放置していると、前回の治療の効果がなく、同じ治療を繰り返す必要があります。

ですので、薬の臭いがした時はすぐ歯医者に行きましょう!
・歯茎に腫れができて膿が出ている場合
Image-nioi6

歯茎に腫れができ、膿が出て臭いがしている場合もすぐ歯医者に行きましょう。

原因は歯の根っこの中にいる細菌なので、根管治療が必要です。

治療せず放置すると、歯の根っこの中で細菌が増え、根っこの先で炎症が起こり痛みが出たり、根っこの周りの顎の骨を溶かし最悪の場合、抜歯となります。

必ず治療が必要なので、今すぐ歯医者に行きましょう!

4 そもそも欧米先進国の根管治療では、基本的に薬は使わない!

Image-nioi7

                                     写真参照:日本歯科薬品、モリタ

ここまでに、口の中で臭いがする原因の一つに「歯の中に入れたお薬」の説明をしてきました。

しかし、そもそも欧米先進国の根管治療では、基本的にお薬は使われていません。

海外の根管治療専門医の間では「可能な限りお薬を使用しない」ということが主流になりつつあります。

4-1 先進国で薬を使わない理由

お薬には「ホルマリン系」と「水酸化カルシウム」の2種類があります。

FCやペリオドンという薬は「ホルマリン系」と呼ばれる消毒薬ですが、歯の周りの組織に悪影響を与えることがわかっており、他の先進国では使用されていません。

また、水酸化カルシウムという消毒薬は、殺菌するために強いアルカリ性を示します。通常の使用では、問題ありませんが、歯の根の先から多量に漏れ出た場合は、周囲の組織にダメージを与えて長期的に違和感が継続する要因となります。この様なリスクを避ける為、可能な限り消毒薬を使用せず「洗浄薬を大量に使用し、可能な限り殺菌する」ことが大切とされています。よって、当院でも「可能な限り消毒薬を使用しない」という海外基準の根管治療を行っています。

4-2 どうしても必要な場合は水酸化カルシウムを使う

「可能な限り消毒薬を使用しない」ことが世界基準になってきています。

しかし、「消毒薬を使用する必要がある」場合があります。

それは、「根管内の膿が多い場合」です。膿が多い場合は、かなりの細菌が根管内外に存在している可能性があり、長時間かけて消毒する必要があります。

もちろん、この場合に使用する消毒薬は「水酸化カルシウム」のみです。

やはり、「膿が多い場合」でもリスクの高いホルマリン系消毒薬を使用する必要はありません。

消毒薬として「水酸化カルシウムのみ」を使用している歯科医院で根管治療を受けることをお勧めします。

よって、当院では膿が多量に出ている場合など患者さんのメリットが、リスクを上回ると判断できる場合にのみ水酸化カルシウムを使用しています。

この様な情報は、根管治療に精通している歯科医院特有のものですので、根管治療を受ける場合は

根管治療に詳しい歯科医院の受診をオススメします。

アスヒカル歯科根管治療専門サイト:https://osaka-endodontic.or.jp

5 専門医による治療を受ける!

専門の歯科医院

5-1 専門医による治療を受けなければならない理由

口の中でイヤな臭いがするのを回避するためには根管治療専門医による治療を受けましょう!

臭いの原因の一つである「お薬」が漏れることは根管治療専門医による治療で必ず回避できます。

まず、極力お薬は使いませんし、仮蓋も欠けることがないように細心の注意をはらっています。

それはお薬を使うメリット、デメリットや仮蓋の重要性を理解し日々治療を行っているからです。

5-2 アスヒカル歯科では欧米先進国同様の精度の高い根管治療を行っています!

専門の歯科医院
アスヒカル歯科にはアメリカの根管治療の学会(AAE)での認定資格をもち、またトロント大学の認定資格を持つ世界基準の知識と技術を持つ根管治療専門医による根管治療をしております。
院長専門医

根管治療に使うお薬については、

当院では「可能な限り消毒薬を使用しない」という海外基準の根管治療を行っています。

また、膿が多量に出ている場合など患者さんのメリットが、リスクを上回ると判断できる場合にのみ水酸化カルシウムを使用しています。

 仮蓋に関しても「水硬性セメント」のみを使用しています。

また、精密根管治療に必須なマイクロスコープとCBCTが設備しています。

・マイクロスコープ
マイクロスコープ症例

マイクロスコープを使うと歯の根っこの中の見て確認することができます。

上の写真のような器具の一部が根っこの中に残っているなどのトラブルを発見でき治療することができます。
・CBCT
CBCT症例

CBCT3方向から歯を把握することができ、複雑な根っこの形を把握することができます。

上の写真のように、レントゲン写真では根っこに黒い影(病変)は確認できませんが、CBCTでは根っこの先に黒い影(病変)を確認することができます。

以上のようにアスヒカル歯科では世界基準の技術を持つ歯科医師が在籍し、根管治療に必要な設備が整っており、お薬は極力使用せず、仮蓋がかけたり、細菌が根っこの中に残らない様細心の注意をはらい日々精度の高い根管治療を行っております。

アスヒカル歯科の根管治療専用ページのリンクを貼っておきますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

アスヒカル歯科の根管治療専用ページ 

6 まとめ

・口の中で臭いがする原因は「お薬」と「膿」の2つあります。
Image-nioi

・臭いがする時は今すぐ歯医者に行きましょう!

Image-nioi3

Image-nioi4

・放置しても決して治りません!必ず歯医者に行き治療を受けましょう!

・欧米先進国の根管治療では、基本的にお薬は使わない!

Image-nioi7

・専門医による治療を受ける!

口の中でイヤな臭いがするのを回避するためには根管治療専門医による治療を受けましょう!

それはお薬を使うメリット、デメリットや仮蓋の重要性を理解し日々治療を行っているからです。

・アスヒカル歯科では精度の高い根管治療を行っています!

アスヒカル歯科には根管治療専門医がおり、CBCTやマイクロスコープなどの根管治療に必要な設備が整っています

院長専門医

当院では「可能な限り消毒薬を使用しない」という海外基準の根管治療を行っています。

また、膿が多量に出ている場合など患者さんのメリットが、リスクを上回ると判断できる場合にのみ水酸化カルシウムを使用しています。

 仮蓋に関しても「水硬性セメント」のみを使用しています。

このようにアスヒカル歯科では世界レベルの知識と技術をもち、精度の高い根管治療を提供しています。

根管治療について、相談したいと思われた方は是非お問い合わせしてみてください。

アスヒカル歯科根管治療専門サイト :https://osaka-endodontic.or.jp

以上が根管治療に関する臭いについての説明になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント