歯の痛みなど
お急ぎの方はこちら

- ご予約優先 -

- 受付時間 -

午前9:30-13:00
午後14:30-19:00
※最終受付:18:30
※水曜17:00まで
※休診日:
   木曜・日曜・祝日
ネットから
診療ご予約

矯正治療と虫歯についての不安解消!徹底解説していきます!

2021.09.27 (最終更新日:2021.09.27)

矯正治療をはじめたいけど・・・
矯正治療と虫歯治療について心配をしている方は多いのではないでしょうか?
どのタイミングで治療したら良いのか?矯正中に虫歯になるのか?不安ばかりだと思います。

結論から言えば、矯正治療を進めるにあたって虫歯治療は終わらせておくことが大事です。
なぜなら矯正治療は期間が長くかかり(2年〜)ます。ですので、虫歯を治療しないまま進めてしまうと虫歯はどんどん進行してしまうからです。矯正器具が装着されてからの虫歯治療は矯正治療は、せっかくスタートした矯正治療を一旦中止しなければならないことがあります。

矯正治療を始めてみたいと考えている方は、その前にきちんとした検診が必要です。
しっかりとカウンセリングを受け、虫歯があれば治療を済ませて
健康な状態になってから矯正治療を開始するようにしましょう。

矯正中に虫歯治療は、できます。
しかし、矯正治療は中断される場合が多いです。
矯正中のお口の中は、非常に虫歯になりやすいので、事前に虫歯治療を優先して行います。

 痛みを伴う大きな虫歯は、優先して治療に入るますが
小さな虫歯であれば、様子を見ていき治療をするタイミングを経過観察することもあります。
また、矯正により歯が動いたことで新たに虫歯が見つかることもあります。

歯が動いたことにより、歯並びが悪く治療は困難だった部分の治療できるようになる場合もあります。
虫歯の位置にもよりますが、一部矯正装置を外して治療を行います。
虫歯治療によって被せ物や詰め物で歯の形が変わってしまえば、残念ながらマウスピース矯正もスキャンニングのやり直しをしなければなりません。

2 矯正治療中に虫歯になるリスク

矯正治療中に虫歯になるリスクは非常に高いのです。

しっかり虫歯の治療をしてから矯正治療を始めても、矯正治療中は再度虫歯になってしまうことがあります。なぜなら矯正器具のせいで汚れが付きやすく歯ブラシが難しいからです。

矯正器具の種類にもよりますが、ワイヤーブラケット矯正は、歯に直接器具を装着するので食べ物が残りやすく丁寧な歯磨きでないと汚れを落とすことができません。普通の歯ブラシだけではなくタフトブラシ(先の細い歯ブラシ)歯間ブラシ、専用のフロスなど適した道具を使うことが大切です。

ワイヤーブラケット矯正の場合

オーソフロス ブラケット矯正専用フロス

 

インビザライン等のマウスピース矯正は、歯磨きがしやすいので、ブラケット矯正よりは虫歯になるリスクは低いです。しかしながら、120時間の装着しなければならない為、汚れが残ったまま装着してしまえば虫歯になってしまいます。いずれにせよ丁寧な歯磨きができないと矯正中の虫歯になるリスクは高くなるのです。

コラム1

コラム1

リンガル矯正は歯の内側に矯正器具をつけるので舌の下から唾液が多く出てくれることにより虫歯になるリスクが低いと言われています。なぜなら唾液には虫歯になりにくくなる作用があるからです。

コラム2

矯正前の検診で見つかった虫歯について、矯正のために抜歯が必要な歯が虫歯になっている場合は、

虫歯治療はせずにそのまま抜歯していくことがあります。

3 矯正中の虫歯予

矯正中の虫歯予防には、日々の食生活や丁寧な歯ブラシが大切ですが、
歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが重要になります。
なぜなら、セルフケアではケアできない場所を専用の機械でクリーニングしてもらう必要があるからです。

また

・フッ素塗布
・歯磨きの方法の再確認

などセルフケアの質を上げることが大切になるからです。徐々に歯が動いていくことにより、ハミガキのポイントも変化していきます。

そもそも矯正治療を受けるの多くは、歯並びが悪いので、歯磨きが難しいケースが多く、虫歯のリスクが高い方が多いです。ですので、最初から『セルフケアが万全にできている』という人は少ないのです。

コラム3

アスヒカル歯科の歯科衛生士から矯正中虫歯予防

敵はバイキン、虫歯菌です。

矯正中の虫歯予防には、

・バイキンの量を減らしてくれる洗口剤

・良い菌をお口にいれるプロバイオティクス

・フッ素濃度の高い歯磨剤や洗口剤

など様々な予防アイテムがあります。患者様にあった、ちょっとラクのできるアイテムを処方することができます。

4 虫歯の不安を安心して受けられる矯正治療

一般歯科と矯正歯科を併設している歯科医院では、歯科医院を変えることなく虫歯治療を受けることができます。

・矯正専門認定医の在籍している一般歯科

・矯正のメンテナンスも行っている医院

でしたら、虫歯の不安なしに安心して矯正治療を受けられるのではないでしょうか?

矯正専門医院では、虫歯治療ができない場合も多く
かかりつけ歯科医院で行うのが一般的です。
よって連携してが難しくなったり、治療期間のロスが大きくなってしまう場合もあります。

そもそも矯正治療は『期間が長く費用も高額』な治療です。
安心できる歯科医院をお探しであるのであれば、
矯正専門認定医が在籍し、一般歯科・予防歯科も得意なアスヒカル歯科へお越しください。

 

コメント