大阪市都島区のアスヒカル歯科は、地下鉄「野江内代」駅のすぐ近く。診療科目は予防歯科、虫歯治療、歯列矯正、口腔外科治療、ホワイトニングなど。

医院紹介

医院のイメージ

医療法人 湧光会
アスヒカル歯科

「アスヒカル歯科」は大阪市都島区の歯科医院です。患者様の未来が輝くようにという意味が込められています。予防歯科を始め、虫歯治療、歯列矯正、ホワイトニング、口腔外科治療などを行っています。

ネット診療ご予約

アスヒカル歯科:電話06-6955-8919 電話番号06-6955-8919 お問い合わせフォーム

医院ブログ一覧はこちら

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
1月 2019
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

…休診日

…午後休診

…診療日

医療法人 湧光会
アスヒカル歯科

〒534-0013 大阪市都島区内代町1-7-3
フォーラム都島内代駅前1F

診療科目

一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / 予防歯科 / 口腔外科 / 歯周病治療 / 入れ歯 / インプラント治療 / 審美歯科

2017.12.05スタッフ日記

歯を失う前に【大阪市都島区内の歯医者|アスヒカル歯科】

みなさんこんにちは、歯科医師の堀です。

皆さん毎日歯磨きされていますか?

今回も歯磨きのお話をして行きたいと思います。

歯磨きは歯の病気である虫歯・歯周病を予防するための1番の

方法です。

その歯磨きに使う道具と言えば歯ブラシですが、歯ブラシ

だけではどうしても磨けない部分があるのはご存知ですか?

それは歯と歯の間です。

では、他にどんな道具があれば磨けるのでしょうか?

知っている人も多いと思いますが、デンタルフロス、

歯間ブラシといった専用の道具を使うと、歯ブラシだけでは

落としきれない汚れもしっかりと除去することができます。

 

では、知っていることも大事ですが、実際に使っている人は

どのくらいいるのでしょうか?

またまた歯科疾患実態調査の結果からお話ししたいと思います。

現在、歯磨きの際にフロスや歯間ブラシを使用している人は

約40%にのぼるそうです。

正直、実感よりも多いなと感じました。

しかし、虫歯の人が減り、歯を失う人が減ってきている

現代の状況を考えれば納得です。

調査では、フロス・歯間ブラシの使用状況を年代別に分類して

いますが、もっとも多くの人が使用している年代は50歳代の

方々です。

この年代はある数字と似た傾向があります。それは永久歯を

失い始める年代です。

50歳代は約半数の人が1本以上の歯を失っています。

すなわち、歯にとって最も大きなトラブルである『歯を失う』

ということがきっかけで、歯磨きにより関心が増え始めると

いうことが考えられます。

歯を失う原因は様々ありますが、そのほとんどは虫歯・歯周病です。

虫歯・歯周病の原因は歯の表面についているプラーク(磨き残し)

です。そこに潜む様々な細菌が悪さをすることで色々なトラブルを

引き起こします。

歯を失ってからその大切さに気づくのではなく、失う前に

なんとかしたいと思いませんか?

シェア

大阪市都島区の歯科医院(歯医者)アスヒカル歯科/一般歯科・予防歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科